マイページ

ご注文履歴を利用しての再注文は
マイページからが便利です。

ログインID
パスワード

無料会員登録

天香茶行の会員になるとポイントを貯めたり、再注文機能が使えたりととってもおトクです。

葉

  • 台湾の烏龍茶など
  • 碧螺春など中国緑茶
  • キーマン・プーアルなど
  • ジャスミン茶など
  • セット商品

中国茶器

  • 台湾陸宝
  • 宜興市の紫砂茶壺など
  • 青花磁器
  • 白磁などの磁器
  • 青磁などの磁器
  • 彩磁などの磁器
  • ガラスの茶壺など
  • 布・紐
  • 木・竹
  • その他
B級品
種類で選ぶ

価格帯で選ぶ

商品名で検索

 

品質基準

当店の中国茶と台湾茶・茶器は中国および台湾で製造されたものです。それぞれの地域により安全性への取り組みに違いはありますが、いずれも食に関わるという意識のもと厳重な管理を行っています。

台湾SGSによる検査
台湾茶についてはSGSという世界最大級の検査機構により国際基準にもとづく残留農薬検査が行われています。また、南投茶商公会のコンテスト茶は全件農薬検査の上、香味・外観の審査がされています。

SGS

日本到着時、検疫所による検査
日本に荷物が到着した際には検疫所に正規の届け出を行い、モニタリング検査・命令検査など検疫所の行う手続きに従い国内に持ち込まれます。茶器についても国内持ち込みの前に鉛のような重金属などが溶出しないかといった規格検査がなされます。

国内検査機関による自主検査
中国産の茶葉については疑問を抱く方も多いことから、さらに、国内検査機関による農薬一斉検査を実施しています。

証明書

 

中国茶器の販売と説明

ガラス茶器

天香茶行では「中国茶文化を身近に」というコンセプトのもと、中国茶や台湾茶をお楽しみ頂くのに適した茶器の販売も行っています。茶器はお茶に伴い発展し、雰囲気づくだけでなく、おいしいお茶を淹れるためにも適切な茶器の選択が欠かせません。リーズナブルなものから高級なものまで取り揃えておりますので、ぜひご覧ください。

 

茶器の材質で選ぶ

  • 紫砂
  • 青花
  • 白磁
  • ガラス
  • 竹や木

 

  • 茶器の種類で選ぶ
  • 茶壺
  • 蓋碗
  • セット
  • 茶海
  • 茶杯
  • 聞香杯
  • 茶托
  • 茶荷
  • 茶漉し
  • 茶盤
  • 六君子茶道具
  • 茶巾
  • その他の茶器

 

バー2

ガラス茶器

 

茶壺と蓋碗

中国でも日本と同じように茶葉にお湯を注いで飲む「泡茶」というスタイルが主流ですが、さらに泡茶には日本の急須にあたる茶壺を使う飲み方と、蓋碗を使う飲み方があります。蓋碗をもらったが飲み方がわからず、茶葉が口に入っていたといった誤解もあるようですので、ここでご簡単に茶器の使い方をご説明いたします。
また、天香茶行で蓋碗をお買い上げいただいた場合には同様の説明書を同封いたしますので、ご安心ください。

蓋碗の使い方

青花磁器の蓋碗

青花磁(糸瓜)

泡茶というのは茶にお湯を注いで浸みだした茶水を飲むという、今の私たちにとっては当たり前の飲み方ですが、宋の時代、日本で言えば平清盛くらいの時代には茶葉を粉にしてこの粉ごと飲んでいました。これが日本に伝わり抹茶として残っていますので、想像しやすいと思います。蓋碗を使った飲み方はこの延長にありますが、葉は飲まず茶水だけを啜ります。中国茶の茶葉は大きいので茶漉しを使わなくても蓋碗という茶器があれば十分なのです。

 

蓋碗のコップ使い

蓋碗は「碗蓋(フタ)」「碗身(本体)」「碗托(皿)」の3つのパーツでできています。茶芸のような詳細な手順は省き、蓋碗を1人1個使う基本的な飲み方をご説明します。この飲み方は実にカンタンで意外に合理的。昔から緑茶を飲む際のメジャーな飲み方です。

 

1.湯で碗身をあたためる。

お茶の種類によりますが、湯の温度が低いと成分が出にくくなります。まずは湯を入れて碗身を温めた後、湯を切っておきましょう。

 

2.茶葉を入れる

 

3.湯を注ぐ

烏龍茶は沸騰したお湯、高級な緑茶などは色香味が落ちますので、80〜90度ほどの湯が良いでしょう。

 

4.フタをして数分待つ

時間は茶葉により異なります。お好みの時間でどうぞ。

 

星空推移

5.フタで茶水を混ぜる

蓋碗を使う時はこの所作が優雅です。

利き手でフタをつまみ、傾けたまま片側を茶水に入れ、小指の方へ2度、3度動かし、茶水をやさしく混ぜます。

浮いている茶葉のくずをよけつつ茶水の濃度をならします。

両手で飲む場合はこの動作も皿ごと持って行います。

※皿ごと持った方が熱くありませんが、いずれの場合にも熱い茶器の取扱にはご注意ください。

 

6.フタの香りをかぐ。

台湾を中心に聞香杯という香りを楽しむ専用の杯がありますが、蓋碗の場合には、フタにしっかり香りが移っていますので、飲む前に香りを楽しみましょう。

 

一啜鮮爽1一啜鮮爽2

7.飲む

葉がしっかり沈む茶葉の場合はフタを外して飲んでいただいても構いません。また、フタを少しずらし、フタで茶葉を抑えながら片手で飲んだり、両手で飲むこともできます。たいていの蓋碗はフタをずらした位置で安定するように作られています。

 

8.2度目

全部飲みきらず1/3くらいになったところで、お湯をつぎ足してください。緑茶の場合は2度か3度、烏龍茶の場合3度か4度くらいはおいしく飲むことができます。お茶は温度が高いと成分の出が早いのですが、飲んでいるうちに冷めますので、次第に出が弱くなり、湯を足した際にまた出る、というわけでこの飲み方で意外なほどおいしく飲むことができます。

 

蓋碗の急須使い

蓋碗急須

烏龍茶の産地である福建省など南の方では蓋碗を急須代わりに使う飲み方も広く普及していて、安渓で茶器店を見ると、蓋碗・茶海・小杯のように急須なしの茶器セットが普通に売られています。急須使いでは普通片手で淹れますが、烏龍茶は熱湯が基本です。碗身はかなり熱くなりますので、ご注意ください。

 

持ち方

すきまが出来るよう蓋を少し斜めにします。それから中指と親指で碗身の最上部を持ち、蓋を人差し指で押さえて茶水を出します。そのまま茶杯に入れてもOKですが、茶海(公道杯)を使うのがベストです。茶海を使うことで茶葉が湯につかったままにならず、また、それぞれの茶杯に注ぐ前に茶水の濃度を一定にすることができます。

 

 

中国茶葉ゆうメール
選べる決済
ポイント還元

発送は翌営業日

営業日カレンダー

赤は当店の休業日です

2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

営業時間/10時から18時

ギフト複数配送

天香のカートシステムは、品物を選び、カートで総数を設定した後、複数のお届け先に振り分けることができます。お届け先を登録することができ、お中元・お歳暮ほか10カ所に送るといったギフトとしてのご利用にも便利です。

ギフトラッピング

ギフトラッピングもお選びいただけます。中国茶のメール便配送を除き、紙箱に入れて包装してお届けいたします。→詳しくはこちら

卸売り

天香では喫茶店・飲食店・販売店など、まとめ買いいただけるお客様を対象に、専門店ならではの卸売りを行っています。

天香・卸売りのメリット

1.上質な品を卸売り価格で

2.当サイトで注文でき簡単。

3.別途オリジナルシールを作成し御社の名前でパッケージを作成することもできます。中国茶器もOKです。 →卸売り詳細

特定商取引法の表示

プライバシーポリシー

ラピッドSSL

当サイトで扱う個人情報は、GeoTrust社のSSL暗号技術により安全に保護されています。また、お客様からいただいた個人情報は、行政機関等の法的要請を除き、当店での中国茶と中国茶器の販売、通販業務にのみ使用いたします。

 
Copyright (C) 中国茶と中国茶器の天香茶行 天香株式会社 All Rights Reserved.