マイページ

ご注文履歴を利用しての再注文は
マイページからが便利です。

ログインID
パスワード

無料会員登録

天香茶行の会員になるとポイントを貯めたり、再注文機能が使えたりととってもおトクです。

葉

  • 台湾の烏龍茶など
  • 碧螺春など中国緑茶
  • キーマン・プーアルなど
  • ジャスミン茶など
  • セット商品

中国茶器

  • 台湾陸宝
  • 宜興市の紫砂茶壺など
  • 青花磁器
  • 白磁などの磁器
  • 青磁などの磁器
  • 彩磁などの磁器
  • ガラスの茶壺など
  • 布・紐
  • 木・竹
  • その他
B級品
種類で選ぶ

価格帯で選ぶ

商品名で検索

 

種類で選ぶ
 

ガラス茶器

 
バー2

青花蓋碗

やさしい形の小合壺

中国でも茶葉にお湯を注いで飲む「泡茶」というスタイルが主流で、日本の急須にあたる茶壺を使う飲み方と、蓋碗を使う飲み方があります。茶壺を使った飲み方は急須と同じで構いませんが、烏龍茶の場合などは熱湯で淹れるのが基本となりますので、ひと手間かけた中国式の淹れ方を解説いたします。また、当店では紫砂茶壺を販売しておりますので、養壺と呼ばれる紫砂壺の育て方、手入れの仕方についてもご説明いたします。淹れ方には様々な方法がありますので堅苦しく考えず参考としていただければと思います。

 

茶壺で烏龍茶を淹れる

 

1.湯で茶壺をあたためる。

お茶の種類によりますが、湯の温度が低いと成分が出にくくなり、100度のお湯で出る成分を100とすると、80度で80、60度で45%ほどの成分が出るといいます。烏龍茶を淹れる際は、まず茶壺にお湯を注ぎ、そのお湯を使って茶海や茶杯も温めておきましょう。

 

2.茶葉を入れる

これも茶葉の種類によりますが、おおむね茶壺の底に敷き詰める程度の茶葉を入れます。

 

3.湯を注ぐ

一度少なめの湯を注ぎあまり時間をおかず茶水を捨てて葉を開かせますが、捨てずに1度目から飲んでいただいてもOKです。飲むお湯を入れる際はフタをすると少しこぼれるくらい、茶壺いっぱいに入れてください。

 

4.フタをして湯をかける

フタをして1〜2分おきますが、その間、茶壺の上から湯を注ぎ保温します。また、一度目の湯を捨てると上述しましたが、その際の茶水をとっておき、茶壺にかけても結構です。茶の香りを吸わせることで養壺に役立ちます。

 

5.茶を注ぐ

茶海、聞香杯、茶杯などに茶を注ぎます。それほど大きくない茶壺であれば片手で持ちます。フタの空気あなをふさがないように人差し指でフタを押さえ、親指と中指で取っ手を持ち、薬指で中指を支える感じです。取っ手は壺身に近いところを持つと熱いので気をつけてください。

 

中国茶葉ゆうメール
選べる決済
ポイント還元

発送は翌営業日

営業日カレンダー

赤は当店の休業日です

2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年2月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

営業時間/10時から18時

ギフト複数配送

天香のカートシステムは、品物を選び、カートで総数を設定した後、複数のお届け先に振り分けることができます。お届け先を登録することができ、お中元・お歳暮ほか10カ所に送るといったギフトとしてのご利用にも便利です。

ギフトラッピング

ギフトラッピングもお選びいただけます。中国茶のメール便配送を除き、紙箱に入れて包装してお届けいたします。→詳しくはこちら

卸売り

天香では喫茶店・飲食店・販売店など、まとめ買いいただけるお客様を対象に、専門店ならではの卸売りを行っています。

天香・卸売りのメリット

1.上質な品を卸売り価格で

2.当サイトで注文でき簡単。

3.別途オリジナルシールを作成し御社の名前でパッケージを作成することもできます。中国茶器もOKです。 →卸売り詳細

特定商取引法の表示

プライバシーポリシー
 
Copyright (C) 中国茶と中国茶器の天香茶行 天香株式会社 All Rights Reserved.