マイページ

ご注文履歴を利用しての再注文は
マイページからが便利です。

ログインID
パスワード
無料会員登録

天香茶行の会員になるとポイントを貯めたり、再注文機能が使えたりととってもおトクです。

葉

  • 台湾の烏龍茶など
  • 碧螺春など中国緑茶
  • キーマン・プーアルなど
  • ジャスミン茶など
  • セット商品

中国茶器

  • 台湾陸宝
  • 宜興市の紫砂茶壺など
  • 青花磁器
  • 白磁などの磁器
  • 白磁(冷白)
  • 青磁などの磁器
  • 彩磁などの磁器
  • ガラスの茶壺など
  • 布・紐
  • 木・竹
  • その他
B級品

種類で選ぶ

価格帯で選ぶ

商品名で検索

安全性について

当店の中国茶と台湾茶・茶器は中国および台湾で製造されたものです。それぞれの地域により安全性への取り組みに違いはありますが、いずれも食に関わるという意識のもと厳重な管理を行っています。

台湾SGSによる検査
台湾茶についてはSGSという世界最大級の検査機構により国際基準にもとづく残留農薬検査が行われています。また、南投茶商公会のコンテスト茶は全件農薬検査の上、香味・外観の審査がされています。

SGS

日本到着時、検疫所による検査
日本に荷物が到着した際には検疫所に正規の届け出を行い、モニタリング検査・命令検査など検疫所の行う手続きに従い国内に持ち込まれます。茶器についても国内持ち込みの前に鉛のような重金属などが溶出しないかといった規格検査がなされます。

国内検査機関による自主検査
中国産の茶葉については疑問を抱く方も多いことから、さらに、国内検査機関による農薬一斉検査を実施しています。

証明書

 

蓋椀

四号蓋碗
四号蓋碗
詳細ページへ

110ml(満水170ml)/中国/1,500円(税込)

スタンダードな形の玉磁の蓋碗

描金蓋碗(魚躍龍門)
描金蓋碗(魚躍龍門)
詳細ページへ

180ml(満水250ml)/中国/2,100円(税込)

様式化された水の図案と描金、背が高く存在感のある蓋碗です。

描金蓋碗(蝶恋花)
描金蓋碗(蝶恋花)
詳細ページへ

180ml(満水250ml)/中国/2,100円(税込)

花と蝶の絵柄と描金、背が高く存在感のある蓋碗です。

彩磁蓋碗(喜上眉梢)
彩磁蓋碗(喜上眉梢)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、鳥の図柄の青花の蓋碗です。

彩磁蓋碗(三羊開泰)
彩磁蓋碗(三羊開泰)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、縁起の良い図柄の彩磁の蓋碗です。

彩磁蓋碗(山水)
彩磁蓋碗(山水)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、山水の図柄の青花の蓋碗です。

彩磁蓋碗(紅梅)
彩磁蓋碗(紅梅)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、梅の花の図柄の彩磁の蓋碗です。

彩磁蓋碗(春蘭)
彩磁蓋碗(春蘭)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、蘭の花の図柄の彩磁の蓋碗です。

彩磁蓋碗(緑竹)
彩磁蓋碗(緑竹)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、竹の図柄の彩磁の蓋碗です。

彩磁蓋碗(打線)
彩磁蓋碗(打線)
詳細ページへ

100ml(満水150ml)/中国/1,100円(税込)

普段使いにも便利な、線だけのシンプルな青花の蓋碗です。

 

 

 

 

蓋碗について

蓋碗とお茶の飲み方の変遷

中国の蓋碗は長い歴史を持つ茶器です。

もともとお茶は薬として始まり、生姜や塩などと共に煮て食べるものでした。時代を経て今から1000年ほど前、宋の時代、日本では平清盛のころになると茶葉を粉にして器に入れて飲む点茶という飲み方に変わっていきます。この点茶法は臨済宗の開祖・栄西が日本に伝えたと言われ、日本では今も抹茶として親しまれています。

景徳鎮の青花磁器の蓋碗

景徳鎮の青花蓋碗

やがて500年ほど前、明の時代になるとお茶の粉は現在のような乾燥茶葉に変わり、茶葉から抽出した湯を飲む現代の形になります。この頃、やかんとして使われていた湯瓶のような形の茶壺(急須)を使って茶を淹れるスタイルと、点茶と同じように茶葉を直接、器に入れる蓋碗スタイルの二つがお茶の飲み方として定着します。

この頃まだ烏龍茶はありませんし、中国では現在も緑茶の生産量がお茶の7割ほどを占めています。この頃、お茶の重要な産地で街としても栄えていた杭州あたりでお金もちの商人や役人が蓋碗をもって緑茶を飲んでいる姿が当時のスタンダードなお茶文化スタイルと言えるかもしれません。

蓋碗を使うにあたって

さて、蓋碗で緑茶を飲む際の特徴は、

四川省の長嘴壺

四川の長嘴壺

長嘴壺と蓋碗を使った表演

長嘴壺茶技

四川の蓋碗茶といえば、口の長いやかんを使った茶技を思い出します。様々なアクロバティックな技があるのですが、これはこういう芸として別枠だと思っていたら、四川で劇を見る際にテーブルに蓋碗がおかれ、時折り長嘴壺をもった女性が来てお湯を足してくれるではありませんか。確かに人の多い劇場の席を回って湯を注ぐには便利かもしれません。かなり練習は必要でしょうが。

でもこの長嘴壺、ちょっと調べた限りでは由来がわかりませんでした。お茶の人工栽培発祥の蒙頂山にある博物館の人がずっと茶の歴史にそって展示品を説明してくれたのですが、最後の方に長嘴壺を見つけ由来をたずねたところ、いやこれは知らない、と言われてしまいました。。

1、受け皿ごと持ちます。

もともと蓋碗の始まりは唐の時代、四川省の成都で役人の娘が茶杯が熱くて持てないので木の皿にのせ、安定しないので、ろうで真ん中に円を作って固定させたというのが始まりと言われています。後に述べるように蓋碗は急須代わりにも使われるようになりますが、一人のみをするタイプの蓋碗の方が大きいことが多いようです。

2.半分から3分の2飲んだら、湯を足します。

急須のように湯を茶海(公道杯)に注ぎ切るのに比べ、茶葉が湯につかりっぱなしになるので良くないと思う方もいらっしゃるようですが、意外に合理的です。飲んでいるうちに底の方の茶は濃くなっていきますので、注ぎ足した際に割りと頃合いの濃度になります。またお湯の温度100度の場合に比べ60度の場合は成分が半分ほどしか出ません。つまり飲んでいるうちに冷めていき、冷めていくにつれ成分も出なくなるので、濃くなって飲めない、というほどのことにはならないのです。

3.蓋を使って濃度をならす

飲み始めは蓋を使って湯の表面をなで、浮いている茶葉をよけつつ、茶をやさしくかきまぜて濃度を均一にします。浮いている葉が多い時は蓋をおさえたまま透き間から飲んでもOKです。四川省の茶館では蓋を使った暗号があり、郊外では今だに通用する店もあるようです。例えば、蓋をテーブルの上に置くと、もうないから湯を注いでくれ、という意味、イスに置くとすぐに戻るという意味だそうです。

蓋碗の使い方はこちらをご覧ください。

烏龍茶と工夫式と蓋碗

やがて福建省で烏龍茶が生まれるとそれに伴い広東で小さい茶壺を使い時間や手順など淹れ方にこだわった工夫式と呼ばれるお茶の淹れ方が生まれます。蓋碗も工夫式で使われるようになり、100cc前後、少し小さめの蓋碗を急須代わりに使う形が誕生するのです。面白いことにもともとの一人のみの蓋碗の方が120cc〜200ccくらいと大きいことが多いのです。ひとつには工夫式は烏龍茶を前提にしている点。烏龍茶は3〜4回は淹れられるので、小さめの器でも総量は多くなります。もう一つは工夫式は品茗杯と呼ばれる茶杯も小さい点。25cc程度の茶杯ですので100ccの蓋碗で十分なわけです。現在も福建省などでは蓋碗と茶海、茶杯の茶器セットがごく普通に販売されています。この場合の使い方は

1.碗身を中指、親指で持ち、人差し指で蓋を押さえる。受け皿は持たない。

という形になります。お湯をいっぱいまで入れるとやはり熱いのでご注意を。

 

 

新着情報

190719 新商品

白磁(玉磁)の杯・茶海・蓋碗・茶壺など多数追加

190717 新商品

彩磁青花に追加多数

190704 新茶

阿里山阿里山金萱四季春清香貴妃

190701 新登場の茶

石鎖雲(岩茶)

190625 新茶

凍頂銀牌凍頂金牌四季春銀牌翠玉銀牌

190614 新茶

黄山毛峰雀舌黄山毛峰揉捻松蘿

190613 新茶

金駿眉正山小種

190606 新商品

竹節蓋叉・残蓮錫茶托・蟹壺蓋置・享福茶盤・星際茶盤白・星際茶盤黒・海水四方茶托・海棠茶托・向日葵茶托・白水孟・茶寵・金蟾茶寵・白磁思亭壺・不錆茶壺・龍胆茶海・立式壺・小龍胆茶海・菊花蓋碗・快客杯蓮花

190606 新茶

龍井六安瓜片霍山黄芽

中国茶葉ゆうメール
選べる決済
ポイント還元

発送は翌営業日

営業日カレンダー

赤は当店の休業日です

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

営業時間/10時から18時

ギフト複数配送

天香のカートシステムは、品物を選び、カートで総数を設定した後、複数のお届け先に振り分けることができます。お届け先を登録することができ、お中元・お歳暮ほか10カ所に送るといったギフトとしてのご利用にも便利です。

ギフトラッピング

ギフトラッピングもお選びいただけます。中国茶のメール便配送を除き、紙箱に入れて包装してお届けいたします。→詳しくはこちら

ラピッドSSL

当サイトで扱う個人情報は、GeoTrust社のSSL暗号技術により安全に保護されています。また、お客様からいただいた個人情報は、行政機関等の法的要請を除き、当店での中国茶と中国茶器の販売、通販業務にのみ使用いたします。

 
Copyright (C) 中国茶と中国茶器の天香茶行 天香株式会社 All Rights Reserved.