マイページ

ご注文履歴を利用しての再注文は
マイページからが便利です。

無料会員登録

天香茶行の会員になるとポイントを貯めたり、再注文機能が使えたりととってもおトクです。

葉

  • 台湾の烏龍茶など
  • 碧螺春など中国緑茶
  • キーマン・プーアルなど
  • ジャスミン茶など
  • セット商品

中国茶器

  • 台湾陸宝
  • 宜興市の紫砂茶壺など
  • 青花磁器
  • 白磁などの磁器
  • 白磁(冷白)
  • 青磁などの磁器
  • 彩磁などの磁器
  • ガラスの茶壺など
  • 布・紐
  • 木・竹
  • その他
B級品

種類で選ぶ

価格帯で選ぶ

商品名で検索

種類で選ぶ
 

ガラス茶器

 
バー2

茶托について

円形の茶托

スタンダードな
円形の茶托

茶托の起源は蓋碗の起源と重なります。もともとお茶を飲む際に使われていた器は特にお茶専用ということはありませんでしたが、皇室や貴族、文人などのお茶を飲む習慣の中で次第に専門の茶器が生まれていきます。ちなみに中国では茶具といいます。

この頃、茶杯は茶盏と呼ばれており、蓋碗や盏托は茶器誕生の初期段階を代表する茶器と言われています。

茶托の誕生については唐代の書物に次のような逸話があります。

 

唐代の四川省成都、古くは蜀と呼ばれた地の長官であった崔寧の娘が、杯が熱くてもてないので、お菓子などを載せる木の盆に茶杯をのせ、安定させるためにロウを輪状にして固定し、後、漆に代えた。これを崔寧が面白がって他の人に教えて広がっていった、とのこと。

もともと熱かったからなのですね。今も蓋碗でお茶を飲む場合は茶托ごと持つのが一般的です。もっとも考古学的には、これより前の南朝や後漢の時代には既に茶托があったとされています。いずれにせよ発祥は四川省。茶の人工栽培発祥の地も四川省の蒙頂山とされており、現在の茶文化の起源は古代の巴蜀地域にあると考えられています。

 

 

中国茶葉ゆうメール
選べる決済
ポイント還元

発送は翌営業日

営業日カレンダー

赤は当店の休業日です

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

営業時間/10時から18時

ギフト複数配送

天香のカートシステムは、品物を選び、カートで総数を設定した後、複数のお届け先に振り分けることができます。お届け先を登録することができ、お中元・お歳暮ほか10カ所に送るといったギフトとしてのご利用にも便利です。

ギフトラッピング

ギフトラッピングもお選びいただけます。中国茶のメール便配送を除き、紙箱に入れて包装してお届けいたします。→詳しくはこちら

 
Copyright (C) 中国茶と中国茶器の天香茶行 天香株式会社 All Rights Reserved.