マイページ

ご注文履歴を利用しての再注文は
マイページからが便利です。

無料会員登録

天香茶行の会員になるとポイントを貯めたり、再注文機能が使えたりととってもおトクです。

葉

  • 台湾の烏龍茶など
  • 碧螺春など中国緑茶
  • キーマン・プーアルなど
  • ジャスミン茶など
  • セット商品

中国茶器

  • 台湾陸宝
  • 宜興市の紫砂茶壺など
  • 青花磁器
  • 白磁などの磁器
  • 白磁(冷白)
  • 青磁などの磁器
  • 彩磁などの磁器
  • ガラスの茶壺など
  • 布・紐
  • 木・竹
  • その他
B級品

種類で選ぶ

価格帯で選ぶ

商品名で検索

種類で選ぶ
 

ガラス茶器

 
バー2

聞香杯とその使い方

聞香杯

聞香杯は品茗杯と
サイズの合ったものをどうぞ

聞香杯は細長い杯で烏龍茶を飲む際に特有の茶器です。品茗杯とともに使われ、特に台湾で使われることが多いようです。

その役割は名前の表すとおりお茶の香りを楽しむことにあります。早速使い方を見てみましょう。

品茗杯や茶海と同様、一度、茶壺や蓋碗から湯を注ぎ温め、茶を淹れている間に湯を切っておきます。

茶壺や蓋碗、茶海を使う場合は茶海から茶を聞香杯に注ぎます。

 

さて、ここからが聞香杯ならではの流れ。

1.品茗杯をさかさにして聞香杯にかぶせます。

2.片手持ちの場合、人差し指と中指で聞香杯を挟み、親指で品茗杯を抑えます。

3.くるっと半回転して品茗杯を下に。聞香杯の茶を品茗杯に移します。

4.聞香杯を両手のひらで挟み持ち、回すようにしながら香りを嗅ぎます。

半回転する動作や手のひらで挟んで回す動作は見た目の演出であると同時に茶の香りを発散させるという意味があります。

両手持ちの場合、2で両手の親指で品茗杯を抑え、両手の人差し指、中指で聞香杯ごと持ち上げて半回転させます。主に男性は片手、女性は両手で行います。烏龍茶は熱湯で淹れてあらかじめ杯も温めていますから、片手持ちは時にかなり熱いのですが、男性はガマンということですね。そうそう、中国には「茶倒七分満」という言葉があります。残り三分は思いやり。茶を注ぐ人はいっぱいに注ぐとよけい熱くなりますので七分ほどに止めてください。それでもこの持ち方は熱いのですが。

中国・台湾の茶芸はかならずこのやり方というほど固まったものではないので、人によってやり方には違いがあります。ここまでの説明は茶を淹れる人が聞香杯に茶を注ぎ、空の品茗杯とともにお客様に出した場合に、客の側で行う動作です。

場合によっては、茶を淹れる人が品茗杯と聞香杯をひっくり返した上、聞香杯が逆立ちした状態で渡してくれることもあります。この場合、飲む人は手順の4から行えば良いわけです。

してみると、天香茶行でも販売している木の葉型の茶托のように品茗杯と聞香杯を並べておける茶托は、お客様にひっくり返してもらうことを前提にした茶器といえるでしょう。聞香杯を逆立ちさせてお客様に出す場合は品茗杯1つが載るサイズの茶托で良いわけです。

 

 

 

中国茶葉ゆうメール
選べる決済
ポイント還元

発送は翌営業日

営業日カレンダー

赤は当店の休業日です

2018年10月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2018年11月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

営業時間/10時から18時

ギフト複数配送

天香のカートシステムは、品物を選び、カートで総数を設定した後、複数のお届け先に振り分けることができます。お届け先を登録することができ、お中元・お歳暮ほか10カ所に送るといったギフトとしてのご利用にも便利です。

ギフトラッピング

ギフトラッピングもお選びいただけます。中国茶のメール便配送を除き、紙箱に入れて包装してお届けいたします。→詳しくはこちら

 
Copyright (C) 中国茶と中国茶器の天香茶行 天香株式会社 All Rights Reserved.